スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレガーアプローチフェスティバルに行ってきました

私がアロマテラピーのトリートメントを教わった先生はトレガーアプローチのプラクティショナー
でもありました。

その時初めて専門的にエッセンシャルオイルを使用したトリートメントを習ったわけです。
私は短大を卒業してすぐに大手のエステサロンで仕事をしていたのですが、そこで習ったトリートメントは
とても商業的な感じで、クライアントとしっかり向き合い、状態に合わせてトリートメント・・・なんて
ことは教わるわけはなく(すべてのエステサロンがそうだということではありません。あしからず)
クライアントの状態を見ながら組み立てていくトリートメントは、私にとってとても新鮮なものでした。

そのアロマテラピートリートメントのクラスの中でも、トレガーアプローチのエッセンスが
取り入れられていたわけです。

ソフトなアプローチで身体が変化していく。

ふとアロマテラピートリートメントを初めて習った頃に戻ってみたくなり、今回川崎で行われた
イベントに参加してみることにしました。

私が参加したのは 
・メンタスティックスリレー 

・日本トレガー協会代表の関野さんからの解説つき「リフレックス&レスポンス」

・トレガーアプローチデモセッション 

の3つのプログラム。

メンタスティックリレーは、プラクティショナーの誘導で自由に身体を動かしていくワーク。
動かしていくうちにどんどん身体がゆるんで行きます。心はゆるゆる、身体は何故か活性化している
みたいに感じました。
関係性ヒーリングクラスで教わった、武術のワークみたいにやっているとグラウンディングが
強まって足の裏から沢山のエネルギーが上がってくるみたいで手指の先まで暖かくなってきました。

関野さんの解説で教えていただいた「リフレックス&レスポンス」
これはトレガーアプローチの中でも高度なテクニックで、少しのワークで普段あまり使わなく
なってしまっている筋肉や組織を目覚めさせ、身体のバランスを整えていくというもの。
ほんのちょっとの力しか加えてないのに、股関節や膝関節の動きが自由になったり、姿勢が
面白いほどに変わっていきます。
今回はちょっとだけ体験させていただいたけれど、本格的に時間をかけて勉強したら、とても
身体の麻痺や怪我の治癒などのサポートになるだろうなと感じたテクニックでした。

そして、マッサージテーブル上でのデモンストレーション。
クライアントの身体に優しく触れながら動かすことで、どんどん形が変化していきます。
身体に繋がりを思い出させ、しばし待つ。
この身体のためにとる時間が、とても大切なんだろうな・・・なんて思いながらデモを見ていました。

ワーク的にはエネルギーワークなんじゃないの?と思えるようなテクニックも沢山あり、
デモの最初にプラクティショナーの方から聞いたミルトン・トレガー博士のお話を思い出しながら
自分の学んでいるハンズオンヒーリングや先輩が学んでいるフェルデンクライスメソッドの共通点
なんかに想いを馳せていました。

私が参加したのは3つのプログラムだけでしたが、とても良い経験になったと思います。
しっかり勉強してみたいけど、今はハンズオンの方に集中して・・・。

今度はクライアントとして体験してみたいと思います。

トレガーアプローチにご興味のある方は日本トレガー協会まで。






スポンサーサイト

初心に返る

今日、仕事場でスタッフ相手に少しの時間、トリートメントをしていて、ふと我に返った。

自分のやってきたトリートメントってこんなんだったっけ?

いつから、トリートメントの結果しか見れなくなっていたんだろう?
クライアントの痛みや筋肉の状態のみに意識がいってしまって、クライアント全体を見ず、物質的なトリートメントしか出来なくなってしまった。

今の私には、シンプルなエフルラージュすら満足に出来ていない・・・そんな気になった。

原因はなんだろう?
常に時間に迫られているから?・・・これは前の仕事場でもある程度の規定はあったし。
今までやってきた形のトリートメントじゃないから?・・・無理して今のスタイルに
形を合わせようとしているのかな?
治療的なことばかりを意識しているのか?・・・クライアントに対して結果を出したいとがむしゃらになっている?

クリニックで仕事をしていたときは、孤独な仕事だったけど物凄く自由だった。
良いと思っていたことはすぐに取り入れることができたし、それを繰り返すうちに自分の中で良いものと合わないものを淘汰できたし、すぐに基本のスタイルに統合することが可能だった。
今の環境は確かに不自由だけど、自分の今までのキャリアをなかなか活かせない場所だけど・・・きっと、それだけの問題じゃないんだ。
きっと、自分の立ち位置の問題。
それともトリートメントに対しての偏った考え方のせい?


何だか、物凄くピンチだ・・・ヲレ。


でも、ピンチのままでいることなんて出来っこないから
今までずっとヒーリングトレーニングをすべて優先してきたけど、またちょっとボディワーク系のトレーニングを単発でもいいので、再開してみようかなと思っている。
クライアントにもっと包括的に触れられるトリートメントがまた出来るように。

学んでみたい!

現在、数は少ないけれど、訪問でアロマテラピーのトリートメントを行っている。メインでしている仕事(アロマ関係)もあって日程がなかなか空けられないので私の予定と合わせていただける方のみにコッソリ行っている感じ。

ここだけの話だけれど、私はあまり訪問でトリートメントするということが好きではない。
なぜかと言うと、私自身が移動手段となる車&免許を持っていないため、ベッドを運搬できないというのが主な理由。
ベッドを運搬できないので、クライアントさんにお布団を敷いてもらって、お布団の周囲を自由に動けるスペースがないとお仕事は受けないことにしている。・・・が、布団のように低い場所でのトリートメントは正直、身体にかかる負担は尋常ではない・・・と思っている。
それに、「わざわざサロンに出向いてもらう」ということに関しても、それなりに利点があると私自身思っているからなのだけれど。
よっぽどお体が不自由で・・・ということなら仕方がないけれど、日常とは全く異なる空間でトリートメントを受けること自体、気持ちの切り替えを比較的楽にしてくれるような気がするし。

ちょっと前に、ヒーリングの師匠がハワイの本場のロミロミは地べたに敷物を敷いてセラピストがトリートメントを行う・・・というようなことを話してくれた。
その時は「相当腰にクるだろうな・・・」と思ったけれど、こうしたスタイルを伝統的に習得している現地のセラピスト(?)からワークを伝授してもらったら、私のこの「訪問アロマ」に対する懸念が一つ解消されそう・・・!!

ハワイには産まれてこの方訪れたことがない。
ブームになって「猫も杓子も海外ならワイハよねー」みたいな時代にも行く気になれなかった。寧ろそんな時代には「絶対行くか」とうらぶれていたほどに(笑)
でも、最近、とても行きたい場所なのです。
もしも行けたら、買い物よりも何よりも本場のロミロミが習ってみたい!地面に敷物という、まさに伝統のやり方で!!(何だか熱いな・・・自分)

6月の予定

 ★6/25(月)ハンズオンヒーリング、アロマ・ボディワークセッション@ホリスティックヘルス情報室(赤坂溜池)ご予約:03-5572-7821

星が見える名言集100

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ten

Author:ten
ふじい ひろこ
ヒーラー
AEAJ認定アロマセラピスト、同インストラクター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

お薦め&友人サイト

RSSフィード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。